こんにちは、Kaeです。

 

12月といえば、クリスマスっ♩

 

そんな感じで、浮かれたい時期ではありますが、

営業時代の私にはこの時期は、

忘年会という、一番過酷なシーズンでした。

 

女性営業っていうだけで、関係のない取引先の接待にも声がかかるので、

気づいたら平日すべて忘年会で埋まるという現象が当たり前になっておりました。

 

12月はただでさえも、業務が立て込むのに、

追い打ちをかけるように忘年会が入ると、

月末にはゲッソリしたままお正月を迎えておりました。

*まともに、クリスマスを楽しんだ記憶がない・・・

 

そんな、過酷な忘年会シーズンですが、

毎年いろいろな工夫を重ね、この時期を乗り切るための、

3つの方法を伝授したいと思います。

 

①ヘパリーゼを飲む

おっさんかっ!!!

と、いうツッコミが入りそうですが、

ヘパリーゼの存在は私の会社員時代を支えてくれる存在でした。

 

肝臓を元気にしてくれるので、飲み会以外の日も、毎朝常飲していたのですが、

忘年会シーズンかつ師走の忙しい時期は、翌日の業務に支障が出るといけないので、

酔い止めのとしても、かなりの効果を発揮してくれました。

 

②水に差し替える
pouring water into glass from a bottle, on blue background

 

接待の際はお客さんに合わせて焼酎を飲むことが多く、

お客様や上司のお酒は私が作っていたのですが、

自分の分は、ほぼ水で作っていました。9対1くらいで!笑

 

焼酎は、入れる振りをしてましたね。

そうすることで、お酒の摂取量を減らしてました。

 

飲まないとダメな雰囲気が流れる社風だったので、

一目を盗んでお水を飲んでましたが、

 

こんなに、こそこそしなくても、

最初からソフトドリンクを頼むとか、

チェーサーを頼むとか方法は’あると思うので、

お酒を飲みすぎない工夫をすると良いですね^^

 

③行く必要のない会は、きっぱり断る!

会社を辞める最後の年は、忘年会は最低限しか出席しませんっ!!

って、宣言してましたね。

 

結局、自分が行く必要のない会にも参加することで、

体力的にも金銭的にも自分の首を絞めていたのに気づいたのです。

 

 

上記の、①②は根本の解決にはならないので、

参加の必要のない飲み会は、出席しないと断るのが’一番よいかな。

と、思います。

 

最後に

忘年会シーズンにかかわらず、女性営業職をしていると、

自分のキャパには関係なく、

いろいろな場面にお呼ばれする機会が多いと思います。

 

初めは、会社のため、上司のため、自分の出世のためと、

頑張れるのですが、ある時からそれが辛くなってくることもあります。

 

断ったら、評価が下がるとか、上司から嫌われるんじゃないかと、

ビクビクして断れないなんてことも有るかもしれませんが、

意外と理由を話して理解してもらえれば、

評価が下がることも嫌われることもありません。

 

万が一、その様な事がある会社であるならば、

働く場所、環境を見直すことも一つの選択肢として考えたらいいと思いますよ^^

 

メールマガジン

*登録後5分以内に1通目のメールをお送りしますので、
迷惑メールフォルダも含めご確認ください。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です