こんにちは、Kaeです。今回は、幸せを作る4つの要素を話していきます。下記にて、動画セミナーがございますので、是非ご視聴ください。

 

幸せの4因子

 

「幸福学」を研究している慶応義塾大学教授の前野隆司氏によると、1500人の日本人を調査した結果、人の幸福は4つの要素で決まることが分かったようです。 この幸せの4要素を理解して行動を起こすことができれば、幸福度の高い人生が送れるようです。

それでは、ここから4つの要素をご紹介していきます。

 

「やってみよう!」因子(自己実現と成長の因子)

「夢」や「目標」を持って、それを実現しようと努力・成長していくことが人の幸福感を高めます。

マズローの5段階欲求でも、自己実現欲求というのは一番上にきていますので、自分の夢や目標を設定して、そこに向かってチャレンジしている状態は幸福度を上げるのというのは理解できますよね。

そして、チャレンジしない人生よりもチャレンジしていく人生の方が楽しいです。やらぬ後悔はありますけれども、やって後悔することはあまりないものです。

 

「ありがとう!」因子(つながりと感謝の因子)

誰かと一緒に楽しんだり愛情に満ちた関係を築くこと、人に喜ばれること、信頼関係を築くことで私たちは幸せを感じます。

人間は常に誰かに支えられながら生きているものです。その中で、誰かに感謝したり、感謝されながら人間関係を築くことができると幸せなのです。

感謝の気持ちは、すぐに伝える習慣を持てるといいですよね♡

 

「なんとかなる!」因子(前向きと楽観の因子)

自己肯定感が高く、ポジティブでいられることは、やはり幸せにつながります。「何か悪いことが起きたらどうしよう?」とか「どうせ私なんて」と考えるのではなく、「何とかなる!」と考えるようにた方が幸せだということです。

ポジティブ思考やネガティブ思考は、ただ単に考え方の癖であり、持って生まれたものではありません。つまり、誰でもちょっとうまく意識を変えることができればポジティブ思考に生まれ変わることができるということです。

 

「あなたらしく!」因子(独立とマイペースの因子)

他人と比較せず自分らしくやっていける人は、人と比べる人よりも幸福だといいます。人はすぐに他人と比べてしまいますが、それはあまり幸せには結びつかないというわけです。

私たちはついつい他人と比較することで安心感を得ようとしてしまいます。しかし、そうしてばかりいると常に他人の目が気になるようになってしまいます。人の目を過度に気にして生きるのがどれだけ息苦しいかは改めて言う必要ないでしょう。

自分をしっかり持ち、マイペースに人生を歩めるようになることが幸せに生きる要因の一つだと覚えておきましょう。

 

まとめ

幸福の4要素についてご紹介させていただきましたが、いかがでしょうか?幸せになるには、特別なことではなく、心のあり方なんだな。というのがわかると思います。よく、マインドが大事・気持ちが大事。と言いますけれども、本当に大切なんだな。と思います。

ここで、ご紹介してわかる通り、人間の幸福とは、お金・地位・権力で決まるものではありません。ですが、多くの人は、「お金があれば幸せになれる。」「地位が上がればみんなに支持されて幸せ」と、間違った解釈をしている人も少なくないです。ですが、お金・地位を手に入れても、手に入れた瞬間は嬉しいかもしれませんが、それが幸せをつくりだすのとは関係ありません。

幸せは、目の前にある。

「ありがとう!」
「やってみよう!」
「私らしく!」
「何とかなる!」

この四つの言葉を大切にして、幸福度の高い人生を手に入れていきましょう!

 

こちらもどうですか?


 *登録後いつでも退会可能です。

 

こちらの記事もよく読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です