1月12日のSTORYセミナーに清水くららさんをお招きしました。今回の記事ではその感想や学んだこと、感じたことなどを書いていきたいと思います。

2019年初のSTORYセミナースタート

 

まずは、私から新年度の挨拶。マインドセットの話と目標達成理論についてお話しをさせて頂きました。

そして、恐れ多いですが、私からクララさんのご紹介をさせて頂きました。

 

清水くららさんについて

清水くららさんとは、知り合ってから2年半くらい経ちますが、出会った当時から仲良くさせて頂いておりまして、現在では毎年初詣に東京大神宮にお参りにいく中です。

心理カウンセラーとして培った知識から、恋愛カウンセリングやパーソナルカラー診断・骨格診断を取り入れた女性の魅力を引き出すブランディングを得意とされていて知識豊富で多彩な女性起業家です。

私自身、ファッションや恋愛に関する悩み事は、すべてくららさんに相談しております。(笑)

そんな、いつも頼らせていただいている、くららさんにこの度はSTORYセミナーのゲスト講師といして登壇を頂きました。

くららさんの公式サイトはこちら

Who i am?(私は誰?)

ここからは、くららさんにバトンタッチ。

Who i am?(私は誰?)というタイトルでお話しを頂きました。

前半は、くららさんの幼少期から現在に至るまでの歴史を伺いながら、くららさんがどうやって自分を発見して行ったのか?自分の強みをどうやって見つけて行ったのか?をお話し頂きました。

こんなにも、妖艶で美しいくららさんですが実は、自分のセクシーさを気付いたのは、他人からの声だったそう。びっくりです。

 

ジョハリの窓ワークショップ

後半は、自分の知らない自分を知るためのワークショップを行いました。

自分だけが知っている自分と、他人だけが知っている自分を理解した時に、新たな自分を発見することができるので、自分の強みを認識することができますよね。

メンバーそれぞれが、自分の知らない自分を発見することができたのではないでしょうか?

 

 

 

自分を理解することで自己肯定感が上がる

 

自分は一体誰なのか?

みんな、こんな疑問を持ち続けていたりしますし、実際自分を理解するって結構難しいです。だって誰も教えてくれないことですからね。

自分の知っている自分だけだと、どうしても自己肯定感が低くなりがちです。だって、自分の悪いところも弱いところも全て知っているわけですから。

ですが、他人が知ってる自分を知ることで、自分の強みや得意なことに気づくことができます。客観的な意見ですからね。

自分ごととなると、自分のことを客観的に見れなくなるのは当たり前。

なので、他人の知っている自分自身を理解して、弱み・強みを受け入れてあげることで本当の意味で自己肯定感が上がるのではないでしょうか?

今回のくららさんのセミナーではそんな大切なことを教えていただきました。

 

▶マイキャリアガールへの7Days講座に参加する

こちらもいかがですか?

 

*登録後5分以内に1通目のメールをお送りしますので、
迷惑メールフォルダも含めご確認ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です