こんにちは、Kaeです。カウンセラーのまあこさんと、相手の心を開くコミュニケーションで大事なことについてトークセッションをしました。

音声はこちら↓

 

コミュニケーションは難しい?

コミュニケーションが苦手・・人付き合いが面倒くさい・・・と思う方も多いのではないでしょうか?学校や職場などでは多くの人と関わりあいながら生活していく必要がありますし、現代は、メールやライン、SNSなどコミュニケーションツールが多様化してますから、疲れるのは当然ですよね。

でも、そんな中でも仲良くなりたい相手がいる時や、仕事の場で円滑なコミュニケーションが必要になってくる時もありますよね。

今回は、そんな時に使える相手の心を開くコミュニケーション術をご紹介します。

 

失敗談を話してみる

まず、仲良くなりたい相手がいた時に、相手が自分をことを知らない状態では警戒してしまいます。そのためにも、まずは自己開示をしていくことが大切です。

自分はこんな人間です。と、相手に伝えていくのです。その際に、自分の今までの失敗談やうまくいかなかったことを話してみると、相手も心を開いてくれるものです。今までの成功体験や自慢話をすると印象が良くないですが、失敗談などはこの人にもこんな過去があったのか・・・と、共感したり好意を抱くことがありますよね。

これは、アイスブレイクを言う技術の一つで、初対面の相手とうち溶け合うための手法ですが、その場の雰囲気を和ませる効果もあるので、その後積極的にコミュニケーションを作りやすくなります。

なので、自ら自己開示をすることで、コミュニケーションがうまくいくので、オープンな性格が、コミュニケーション能力が高いのも納得ですよね。

 

相手を無条件に好きになる

これは、私が営業時代に取り入れていた方法ですが、どんな相手でも一旦好きになるという方法です。相手に対して苦手意識や嫌いという気持ちがあると、どうしても体当たりでの営業ができなくなりますし、話も弾みません。そうなると、メンタル的にもきついので、初めから無条件に相手を好きになると暗示をかけてました。笑

でも、そんな気持ちを一つ持つだけで、自然と相手に笑顔で接しれるし、笑顔から伝わるオーラで相手も心を開いてくれることもあります。

苦手意識を持って接してしまうと、言葉にしなくても相手に伝わるものです。まずは、相手を好きという前提で接していくと誰とでも仲良くなれますよ^^

これは、営業だけでなく、職場の人間関係や友人との付き合いにも応用できるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

相手のことを質問してみる

初対面の相手には、相手のことに関する質問をしてみましょう。

・どこの出身なんですか?

・週末何されているんですか?

・好きな食べ物は何ですか?

相手に質問をするということは、相手に対して興味関心があることを示します。人間自分に興味を持ってくれることはとても嬉しいことですから、初対面なら特に相手に質問していくとすぐに仲良くなれますよ^^!

また、人見知りで何を話して良いかわからない方も、この質問作戦で何とか乗り切ることが出来ると思うので是非試してみてください。

 

相手の名前を覚える

相手の名前を覚えるのは当たり前のことですが、接触頻度が薄いと忘れてしまうこともあります。ですので、毎回名前のメモするのはオススメです。特に、一度にたくさんの人と会う場合は、頭で覚えるのは無理ですからね。

私の場合は、すみませんお名前伺えますか?と聞きながらメモを取ってます。

「すみません。忘れっぽいので、お名前忘れないようにメモらせてください」

と、一言あるだけでも相手に好印象です。自分のことを覚えようとしてくれてるのか、と思うだけで嬉しいですよね。

 

まとめ

今回の記事では、まあこさんとKaeが実際に実践している方法をご紹介させていただきましたが如何でしょうか?内容をまとめると、自分からオープンに自己開示をした上で、相手に好意や興味を持って接することで、コミュニケーションが円滑に行きますよ。ということですね。他にも、コミュニケーションの方法は様々です。

目的に合わせて、どんな方法をとるかはいろいろ細かくありますが、今回ご紹介した内容は、どんな場面にも応用できるものになってます。

少しでもこの記事を読んでくださったあなたのコミュニケーションの参考になったら嬉しいです^^*

 

こちらもどうですか?

 

▶ビジネス未経験OLから月収100万円達成する方法をまとめた7DAYS講座

 

 

*登録後5分以内に1通目のメールをお送りしますので、
迷惑メールフォルダも含めご確認ください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です