fbpx
マイキャリア

頑張り方が間違っているかも!?仕事を頑張っても結果がでないときの対処法

仕事を頑張っているのに結果が出ない。思うようにならず、焦ったりイライラしたりする。自分にはできないのかなと自信をなくす……。など、努力はしているのに結果が出ないと、ネガティブな感情を抱き始めてしまいますよね。

仕事を頑張っても結果が出ない人は、もしかしたら頑張り方が間違っているかもしれません。結果を出すには、正しい努力が必要。そもそもの目標設定や、頑張る土俵を間違っていると、いつまでも結果がでないということはあります。

今回は、仕事で結果を出すために見直したいことをご紹介します。自分足りないのはどれなのかチェックして、正しい努力をしていきましょう!

仕事を頑張っても結果が出ないあなたに!5つの解決方法

「頑張っているのに結果がでない!」というときに見直したい5つのことを紹介します。すべてできているか確認して、もしできていないことがあったら即実践してみてくださいね!

結果を出したいと思う「目的」を明確する

結果を出したいと思って頑張る前に、「なぜ結果を出したいのか?」という目的を定めることが大切です。がむしゃらに頑張っても具体的な目的がないと、結果が出るどころか遠回りしてしまったり、無駄なことをしてしまったりしてしまいます。

BUSINESS INSIDERの『努力しても成果がでない人はここに無駄がある——成果を出す人は「後ろから」考える』では、結果を出せない人は『結論(何のためにやるのか)』を出す前に『作業』を始めるという共通点があると言っています。

《頑張っても結果が出ない人(前からやる人)》
①作業→②整理→③分析→④結論

《結果を出す人(後ろからやる人)》
①結論→②論点→③仮説→④作業

引用元:BUSINESS INSIDER

前からやる人は、『とにかく手を動かしてみることが先』というタイプ。仮説など考えずに進めてしまうため、方向性や過程がブレやすく目標達成まで時間がかかると言われています。

後ろからやる人は、『まずは結論を見定めて、解決方法が出ていなくても自分なりに仮説を立てることを先』にするタイプ。明確にすべき論点と仮説を立てた上で、分析と作業に進むため、最初にとても時間を使います。しかし、大事なポイントを抑えて作業を進めていくので、寄り道をしにくく、効率がいいのが特徴。

正しい努力をして、しっかりと結果を出したいなら、後者の『後ろからやるタイプ』を意識して、仕事に取り掛かるのがベターです。

目標を意識して「仕事の選択」をする

仕事を頑張っていても結果が出ない人は、目の前にあるタスクを選択せずに、次から次へとこなしていることがあるかもしれません。理由は、仕事を進めるうえで明確な目標をしっかりと軸として持っていないから。

仕事が忙しいほど「何のためにやっているか」という目的意識を忘れてしまいます。しかし、目標を意識することは一番大事なことです。『ゴール』を意識し、やるべきタスクと後回し(またはやらない)するタスクを選択して、必要な業務だけするようにしましょう。

モチベーションに頼らない。大切なのは継続

新しく何かを始めようと思っている人にありがちなのは、継続をせずに止めてしまうこと。

仕事内容によっては、結果出るまで半年かかるものや1年かかるものなどそれぞれ。例えば、ブログやSNSで稼げるようになりたいなら、軌道に乗るまで最低1年はかかることが多いです。

『仕事で結果を出したい』と思うなら、一般的にどのくらいの期間が必要なのかを調べ、その期間は仕事にコミットして継続することを意識しましょう。モチベーションに頼ってしまうと、どれだけ頑張っても継続が難しいので、挫折する可能性が高くなってしまいます。

小さな目標を立てる

仕事で結果を出したいなら、最終的に達成したい目標だけではなく、その過程で小さな目標を立てるのがおすすめ!達成したい目標は大きくていいのですが、達成するための小さい目標がないと、途中で「自分には無理なのかも…」と諦めてしまうことがあります。

『大きい目標』と『小さい目標』の例

■大きい目標:営業成績を上げる

■小さい目標:今月は新規案件10件を獲得する
毎日5社にテレアポする

時間を決めて仕事に取り組む

「四六時中、仕事のことを考えていて、デスクにいる時間は多いのに結果が出ない」そんなときは、仕事をする時間を決めてメリハリをつけてみましょう。

「頑張りたい」「結果を出したい」と思うほど、目標を達成するために作業をすることが多くなります。しかし作業の内訳を出すと、ダラダラと仕事をしてしまっていた…なんてことも。

リモートワークや在宅勤務など、いつでも仕事ができる環境の人こそ意識したい点です。

副業を頑張っても結果が出ないときのポイント

「楽しみながらやる」が足りていないかも

「結果を出したい」「稼げるようになりたい」という想いが先行してしまい、無理やり作業をしていませんか?

短期的に収入を得る場合は、追い込むことも大事。しかし、ブログやSNS、Youtubeなどクリエイティブな仕事は、稼げるようになるまで時間を要することが多いです。

長期的に作業をしないといけない副業の場合は、何よりも『楽しみながらやる』ことが大切なポイント!楽しみながら作業をすることで継続することができ、結果も出やすくなります。

期間を決めて行動する

副業で結果を出したいなら、『いつまでに、いくら稼ぐ』という期間と目標をセットで決めるのがおすすめです。

副業の場合、収入源は本職があるためダラダラとやってしまうことも。ダラダラとやっていると、数ヶ月〜1年たったときに『結局、稼げていない』という状況に陥ってしまうことがあります。

期間と目標は必ず決めるようにしましょう!

メンター・コンサルを頼る

バイイングやブログ、Youtube、SNSなどの副業をするなら特に、副業で稼げるようになるかどうかは、副業の内容・市場規模・ターゲット設定などによって決まります。内容や規模、ターゲット設定がうまくいかないと、いくら継続して努力しても、結果がでない…ということも。副業で稼ぐには、“副業を始める最初の一歩”が大切なのです。

方向性を決めるのが苦手だったり、不安だったりするときは、メンターやコンサルタントを頼ると◎。一番大切な出だしを相談しながら決められるので、失敗が少なくなります。

まとめ

『頑張っているのに結果がでない』というときに見直したいことをご紹介しました。方向性さえ見失わなければ努力は実ります!正しい努力をして、いい結果を手に入れましょう。

 

ABOUT ME
アバター
Kae
大学時代の留学後、7年間老舗メーカーで7年間営業として勤める。20代で頑張ってもお給料の上がらない会社のシステムに疑問を持ち副業スタート。 現在では、バイヤービジネスや女性向けオンラインコミュニティを主催。個人がウェブマーケティングを学び「私らしい働き方」を叶える方法をお伝えしております。 詳しいプロフィールはこちら