fbpx
Kaeのマイキャリ物語

【第6話】3ヶ月で覚めた夢【Kaeのマイキャリ物語】

こんにちは、Kaeです。

先日から、
私の独立に至るまでの話を公開しています。

社内でトップ営業マンに成長したのち、
同期の転職に刺激されて

投資にオンラインビジネス、
海外バイヤー、エアビーアンドビーに挑戦。

なんだかんだと
副業を初めて半年で会社の給与の倍を
稼ぐことができ、

7年目の夏、円満退社で会社員を卒業した私。

その後もなんとかコツコツと
ビジネスを伸ばしていくことになります。

でも、その間、実は、
全〜然っ! 無事じゃありませんでした!!

何が?って、

……プライベートです。

ことの発端は、
会社員6年目にさかのぼります。

副業に取り組み始めてしばらく経ったころ
ビジネスの先輩から
こんなアドバイスを受けたのです。

「出勤時間は無駄だし、体力も消耗するから、
 より職場の近くに引っ越したほうがいいよ」

なるほど。

当時私は、
学生時代から住んでいたこともあり、
草加から会社まで通っていました。

その路線はかなりの混み様で有名で
痴漢もできないほど(苦笑)。

出勤時間を早めにしていたのは
それを避けたいというのも
ありました。

「ね、引っ越そうよ」

実は当時、私にはパートナーがいました。

5年目の夏に結婚式をあげたばかりの
外国人のだんなさんです。

手頃な3LDKの物件が見つかり
4月に引っ越し。

三ノ輪での2人の生活が始まったのです。

通勤はぐんと楽になり、
副業に取り組む時間も増えました。

何より家に帰って、大好きな人との時間も
取れるようになりました。

「Kaeさんは、だんなさんが外国人というのも
 ブランドとして活かせるんじゃないのかな」

そんなアドバイスも
ビジネスの先輩からもらって

8月からスタートする自分のキャンペーンの
ステップメールも書き進めていました。

まさに、順調そのもの。

副業はまだ始めたばかりだけど、
私は会社員生活だけでない幸せの広がりを
感じ始めていました。

……けれども、そんな毎日は数ヶ月後、
  根こそぎ失われることになるのです……

忘れもしない、7月19日。
ハワイで結婚式をあげて、
ちょうど1年のその頃。

彼の不倫が発覚したのです。

不倫相手は
引っ越してすぐに出会った
近隣在住の女性。

しかも、彼は「本気だから」と。

8月には、早々に
三ノ輪の部屋を出て行ってしまいました。

……なぜ?……
……嘘でしょう?……

信じられない展開に
頭も心もついていけませんでした。

朝目覚めると
すっかり広くなった部屋に

でも、やっぱり、
自分1人。

涙が止まらない。

でも幸か不幸か
私はまだ会社員でした。

それでも匍匐前進のような気分で出社すると、
取引先を訪問していました。

さすがに、1週間くらいは
食べ物らしいものを口にできず、

その様子に会社や取引先の人は
心配し、気遣っててくれました。

ありがたいことです。

そして、お気づきだと思いますが、

私の書き上げたステップメールは
「パートナーが外国人」というのが
ブランドイメージの1つでした。

これは、もう使えないことになります。

ええ、全部書き直しましたよ。

ここであきらめる、
という選択はなかったから。

こんなところで
ただの悲劇のヒロインで終わりたくない!

こんなことで
私の可能性を潰されてたまるか!!

涙でぐちゃぐちゃになりながら
私はキーボードを叩き続けていました。

よく、
「〜が大変な時期で、いっぱいいっぱいで」
「〜までは、忙しいから、その先だったら」
「時間やお金が取れたら、はじめたい」

と自分にとって
「都合がいい時期」「ベストタイミング」
を待つ人がいますが、

はっきり言って
「ベストタイミング」なんて訪れません!

自分の事情はおかまいなしで
チャンスって訪れしまうものなんですよね。

そこに乗っかるか乗っからないかは
自分次第だし、

その瞬間頑張れるかもその人次第だなって
思うのです。

さて、その後。

書き直したメールで翌月キャンペーンをし、
私は初の情報商材で、
お客さんを獲得することができました。

そして副業の合計額は
気がつくと、
会社員の月収の倍近くになっていました。

「あの、退職したいんですが……」

私はついに、
上長にそう申し出ました。

……to be continued……

ABOUT ME
元メーカーの営業で勤めるキャリアウーマン。20代で頑張ってもお給料の上がらない会社のシステムに疑問を持ち副業スタート。 現在では、海外バイヤーや女性向けオンラインコミュニティを主催。女性が自分で収入をつくるスキルを身につけて「私らしい働き方」を叶える方法をお伝えしております。 詳しいプロフィールはこちら