fbpx
Kaeコラム

【5秒の法則】メル・ロビンスから学ぶモチベーションに左右されずに行動する方法

こんにちは、Kaeです。

今回は、私の大好きなメル・ロビンスさんの5秒の法則についてご紹介していきたいと思います。

ちなみに、この人。

 

モチベーションが上がらないと、行動できない。

そんな人は多いのではないのでしょうか?

 

今日は、モチベーションを上げなくても、メルロビンスが提唱する

行動ができる5秒の法則についてご紹介致します。

こちらの動画より、ご覧ください↓

 

メル・ロビンスが提唱、5秒の法則とは?

 

今回ご紹介する、5秒の法則は、

2017年の春にメル・ロビンスさんが、

出された本の内容になります。

 

メル・ロビンスさんは、CNNのコメンテーターを務められていたり、

ライフコーチングをされたりと、大活躍されております。

 

そんな彼女が、教えてくれる5秒の法則は、

現在、アメリカでムーブメントを起こし、

多くの人々が実践しております。

 

個人的に、メルロビンのような、チャキチャキ話す女性が好きなので、YouTubeとかもよく拝見しております^^*

 

行動できない理由は、人間の脳みその仕組みにあった!

 

そもそも、人間の脳みそは常に、不安であったり、

疑いであったり、恐怖に支配されています。

 

そのため、何か行動を起こそうとすると、

毎回、脳みそは邪魔をしてきます。

 

正確に言うと、ストップサインを常に出しているのです。

 

生まれながらにして、脳みそはそのようにデザインされているのです。

 

なぜ、5秒なのか??

 

この、5秒の法則というのは、

思いついたら、5秒以内行動に移す、

と、いうやり方です。

 

なぜ、5秒かというと、

思いついてから、5秒以上経ってしまうと、

人間はやらない言い訳を考え始めます。

 

その言い訳がで始めると、

行動ができなくなったり、後回しにしたりし始めます。

 

しかし、5秒以内であれば、

この言い訳が出る前なので、

5秒以内に行動に移すとすんなり行動できるという、

脳みその構造を利用したやり方になります。

 

よく、日本語でも、

”思い立ったら吉日”

とか、

”今でしょ!!”

と、いう言葉がありますが、

まさに、これですね!!

 

5秒ルールをマスターしたらどうなる?

 

この、5秒ルールをマスターすることができたら、

様々なことを習慣化することができます。

 

例えば、早起きとか、仕事でのクイックレスポンスとか、

友人や、家族との関係にも活かせそうですね!

 

純粋に、考える時間がなくなるので、

1日にこなせるタスクの量がかなり増えると想います。

 

私は、朝起きるタイミングで5秒数えて起きたりしてます。

 

ここで記事を読んで終わりでは意味がないので、

是非、今日からから実践して頂けると嬉しいです!

 

また、「もっと私らしい働き方を叶える」メールマガジンを発行してます。

今の働き方を変える行動を起こしたい!と、思われる方はヒントが得られるはず。

ABOUT ME
アバター
大学時代の留学後、7年間老舗メーカーで7年間営業として勤める。20代で頑張ってもお給料の上がらない会社のシステムに疑問を持ち副業スタート。 現在では、バイヤービジネスや女性向けオンラインコミュニティを主催。個人がウェブマーケティングを学び「私らしい働き方」を叶える方法をお伝えしております。 詳しいプロフィールはこちら